2008年04月17日

FX:米地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)

経済は2月以降、弱くなった
9地区が経済活動の減速を報告
大部分の地区で個人消費の減退が見られる
全般的に住宅市場の減速見られる
多くの地区が輸出は全般的に強いと報告
ボストン、クリーブランド、リッチモンド地区は「混在」もしくは「安定」と報告
消費の減退は特に自動車、小売部門で見られる
海外からの旅行者数が堅調で、観光は概ね強い
ほとんどの地区が労働市場は弱まったと報告
幾つかの地区は賃金上昇圧力を報告
製造業のコストは幅広い分野で上昇
売上価格の上昇は幾分勢い弱まる
ほとんどの地区が小売価格のインフレほとんど変化ないと報告
2の地区が緩やかな低下を報告
住宅建設、住宅売上は国内全土にわたり依然不振
住宅不振の下降速度は弱まった
製造業は混在
幾つかの地域は弱まったと報告
それ以外の地区は僅かながら上昇と報告
航空宇宙、航空機、防衛材、鉄鋼、食品生産での需要は強いが、見通しは強くない
posted by 管理人T at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。